漁協だより

藻場再生に向けて

15’ 9/16
【フノリの胞子を散布し、藻場の再生に毎年取り組んでいます。】

台風11号にも負けず、漁協職員一家総出で

  1. 前日、獅子地区でフノリを採取(平戸市漁協獅子支所立合い)写真左下
  2. 一晩、乾燥して凝縮(なのだそうです。)
  3. 次の日、磯場にて採取したふのりを海水に戻しますと、ストレスを開
  4. 放されたふのりが胞子を出します。(ドロっとした濁った海水に)
  5. あらかじめ、岩盤清掃した岩に胞子を散布、残ったフノリも袋に入れ岩の下にいれました。 

舘浦競漕船大会2015が7/19に開催されました。

6/13 第64回港まつりが開催されました。

 午前10時より平戸市、近隣魚市・漁協の関係者、地元組合員関係者など総勢約200名をご招待して、厳かに神事(港の祓い)、法要(魚霊祭)が、漁協荷捌所会場において執り行われました。

2014春まつりinいきつきが5/4に開催されました。

今年はGW5月4日に、平戸春まつりINいきつきが、ふれあい広場をメイン会場にして、盛況のうちに催されました。
今年は「平戸雨情」のPRも兼ね歌手水田竜子さんをお招き、午前・午後2回公演、黒田市長も参加し大変盛り上がりました。今年の漁協は、定置船によるクルージング、マグロの解体ショー、小学生を対象にした釣り堀を行いました。特に、グルージング、釣り堀は思わぬ盛況となり、予定定員以上の申込みがありました。参加できなかったチビッコには申し訳ありませんでした。
恒例になった野菜天の揚げたて販売、シイラバーガー、シイラカツサンド、さかなの塩干物などの販売、大敷食堂はブリの漬け丼を提供して、旬を味わっていただきました。
また、来年もよろしく
今回、大敷食堂はブリの漬け丼をご提供。
クルージングや釣り堀の申込みには多くの人達が行列をつくりました。
午前・午後の2回公演され、歌声に耳を傾けました。
マグロの解体ショーでは、多くの人だかり、解体されたマグロは完売!
今回、初めての試み、魚釣れてよかった。
簡易のテーブルも出して、憩の場を提供しました。
定置の作業船でクルージング、生月大橋を下から眺めました。
私も、さかな釣ることができました。
黒田市長も挨拶、飛び入りでギターも披露しました。
今回は、ふれあい広場が会場となりました。ステージは保冷車で!

8月16日、比賣神社で舘浦須古踊りが奉納されました。

舘浦須古踊りは、8/16に行われている舘浦の伝統行事
大名行列をなして集落を練り歩き、比賣神社、法善寺、公共機関、集落内の役職者等に踊りを奉納していき、その途中にブサタバライと称して行事を援助する個人の家で踊ります。
長崎くんちではアンコールの掛け声として「モッテコーイ」といいますが、ここでは、「ショモ」といっています。
朝、8時頃から始まり、終わるのは午後4時頃までかけて練り歩きます。炎天下の中、皆さんご苦労さまでした。
写真は、比賣醤神社での様子をスナップしたものです。

生月中学校卒業式(H29.3.15)

 平戸市立生月中学校の第12回目の卒業証書授与式が3月15日9時30分より体育館で開催されました。校長先生を始め、ご来賓の祝辞を受け、将来に大きな希望を抱き、でもちょっぴり不安もありの、今後の成長に期待します。
卒業おめでとう !!
 今春の卒業生は、男子24名、女子23名、総勢47名です。卒業生はそれぞれの希望を抱いて高校へ進学します。校訓である吉田松陰先生の言葉を今一度胸におさめて、今後の人生に生かしてほしいものです。将来は故郷生月の為に少しでも貢献してくれたら嬉しく思います。
 ガンバレ!

山田小学校卒業式(H29.03.17)

H29.3.17 9:30

第12回卒業証書授与式が体育館で開催されました。

今年は、男子10名、女子14名、合計24名が卒業で谷川校長先生より、ひとりひとりに卒業証書が授与されました。

 

今回は、初めて袴姿で式に臨んだ児童が3名いました。
中学校に進学し、身も心も大人に近づいていきます。
 
 
卒業生は在校生に!
在校生は卒業生に!
お別れの言葉を掛け合いました。
舘浦漁業協同組合

〒859-5705
長崎県平戸市生月町舘浦107-2
TEL.0950-53-1515
FAX.0950-53-0115

1.お魚販売所
TEL.0950-53-3363
2.加工事業(工場)
TEL.0950-53-1529

0
5
5
3
0
5